ブログ久しぶりです。学生時代は、映画ソムリエになろうとも考えてました。詩人や童話作家になるのが夢!今回、才能応援プロジェクトを見て始めました。個性爆発させます!応援よろしくお願いします(^^)

by pomodoro_tomato

ルーブル美術館展@国立新美術館 思わぬ作品との出逢いに感激した!

みなさま、おはこんばんちは004.gif058.gif072.gif
Ciaongiornotte060.gif060.gif

私の住んでるところでは、今日はあいにくの天気でございます。

そんでもって、疲れと眠気で、2度寝をして午後に起きましたら、
若干頭痛です。

両肩に、またシップを貼るの巻~003.gif003.gif

今、笑点を観てたら、円楽さんが回答を放棄してておかしかった(笑)

今日は、何を書きたいかというと、

先日やっとこさ、

ルーブル美術館展 @国立新美術館  観にいってきました006.gif060.gif060.gif

(偏頭痛の中…作品数があまり多くなくてよかったわ003.gif003.gif

金曜日は夜8時までやってるので、大体展覧会はそういう閉館時間長い時に行くようにしてます。

やはり閉館5時って、普通にオフィスで働いてる方にとっては、
せっかく行きたくても、なかなか行けないのよ。

土日はどうやったって、混んじゃうしね。

渋谷Bunkamuraも結構前から、この取り組みをやっているけれど、
ぜひ上野の美術館でも、ステディーにこの取り組みをしていただければと思っております072.gif072.gif

(やってる展覧会も、今はあると思うのだけど)



a0336648_16554373.jpg

a0336648_17050413.jpg

a0336648_17053891.jpg

私は、フェルメールは自分の好みではあまりないんですが^^;
今回はこの絵を楽しみに行ってきました060.gif060.gif




a0336648_17103252.jpg

クエンティン・マセイスの、《両替商とその妻》!!

でもね、それより何より感激だったのが…

この作品の次の作品が、なんと、私が大学時代ゼミで扱っていた、

マリヌス・ファン・レイメルスワーレの
《徴税吏たち》が!!!

マリヌスの同じ主題の作品を主に扱って、その比較にこの作品も
ゼミで発表したりしてたんですが、

まさか来ているとは知らず、一人絵の前で、感激&心の中は小躍りしてました003.gif003.gif071.gif071.gif


a0336648_17110267.jpg

マリヌスは、この憎たらしいというか、いかにもあくどいことしてるなって
風刺の仕方がうまいんだよね~006.gif006.gif

この作品を本物で観られたことが、すごい嬉しくて、
最後まで観終わってからも、この作品のところにもう一回戻って、観ました072.gif072.gif

ちなみに、私が主にゼミで扱ってたのは、この作品006.gif072.gif072.gif


a0336648_18124591.jpg

(すみません、うちのプリンターでスキャンして斜めってます020.gif020.gif

これは、ロンドンナショナルギャラリー所蔵の、
マリヌス・ファン・レイメルスワーレの、
《2人の収税吏》


主題や、言いたいことは同じだね、今回のルーブル展の作品とこれも。

マリヌスは、このあくどそうで悪いこと絶対やってるな、こいつ(笑)という表情や、
赤と緑の色彩のはっきりとしたコントラストが、私は昔から好き012.gif053.gif053.gif


他にも見所はというと、

ムリーリョの《蚤をとる少年》が、再度観られてよかった006.gif060.gif060.gif

(前にも何かの展覧会で、観た事がある)


a0336648_17110992.jpg



この記事の、上から2番目の作品のティツィアーノも、
いいよねやっぱり012.gif016.gif

多分、日本人はフェルメールのファンが多いので、この感想が多いと思うのだけど、
あたいは敢えて書かないよん003.gif003.gif


今春は、いい展覧会がいっぱいあるので、
どれも観に行きたいのばかり!!

全部行けるといいな012.gif060.gif060.gif

追記。書き忘れてたわん!

昨日、デビアスなメイドたち観られなくて、まだ録画も観ていないので、
レビューはまた後日060.gif060.gif



いつもありがとうございます012.gif よかったらぽちっと押してくださいまし053.gif

きっとラッキーなことが起こるはず072.gif 

      
にほんブログ村 その他日記ブログ 戦う女性へ




にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ


[PR]
by pomodoro_tomato | 2015-04-05 18:27 | 美術館、展覧会